フィンランド・セミナー

マトカトリで開催するフィンランドセミナーは、文化的な内容から旅行に関する内容まで様々です。不定期に開催しますが、ご興味あるものがございましたらぜひお気軽にご参加ください。観光局主催のセミナーや、有料セミナーも行います。

※終了しました

■クリスマス・セミナー 

 

『切手や絵本で見る、フィンランドのクリスマスのこと』

 

フィンランドのクリスマスは、キリスト教が伝来した時期や由来から、食べるものや過ごし方にも他のヨーロッパとは違いがあるようです。フィンランドでは、そして、フィンランドの家庭ではどんな風にクリスマスを過ごすのか。ほの暗く、冷え込む寒さの中でも温かい雰囲気で過ごすフィンランドのクリスマスのことを切手の図柄やクリスマス絵本を通してご案内します。フィンランド語のクリスマスソングも一緒に歌いましょう。お茶やお菓子もご用意しています。フィンランド語の勉強経験は不問です。

 

開催場所:   Matkatori(東京都中央区東日本橋3-9-11 From East Tokyo5F
)

開催日時:         2016年12月24日(土)14時~16時

参加費:            2,000円(当日現金でお支払い)

講師:     上山美保子先生(Matkatoriでフィンランド語講座とフィンランド語で『絵本』を読む会の講師を務めてくださっている先生です。)

        http://www.matkatori.jp/event-seminar/finnish-lesson/

申込方法:         参加人数とお名前をお書きの上、matkatori@gmail.comまでメールでお申し込みください。


※終了しました

■シリーズセミナー 

 

『フィンランドのライフスタイルのルーツを探る』

 

森と湖に囲まれて、豊かな暮らしを送っている幸せなフィンランド人・・・。日本ではそんなイメージが強く絵描かれています。実際にフィンランドを訪れてみると、フィンランド人はいつも心に余裕があって、焦ったりしない、そんな雰囲気に憧れる日本人の方も多いようです。

しかし、フィンランド人がそのようなライフスタイルを送れているのはなぜだろう、と考える人も多いのでは?

単純なイメージを超えて、フィンランドの社会背景や、彼らの考え方をもっと深く知ってみたいと思いませんか?

 

今回のセミナーシリーズでは、フィンランド人のミッラ・クンプライネンと一緒に「フィンランドのライフスタイル」について考えます。フィンランド人のゆとりある生き方の「ルーツ」はどこから来るのでしょう。

ソーシャル現象、世界観、平等などを専門に学んできたミッラと4つのテーマに沿ってその根源を探ってみませんか。自身の経験や考えを、皆さんとシェアしながら日本語で楽しくフィンランドのライフスタイルについて話し合いましょう!

 

開催日:2016.1.16(土)、1.30(土)、2.20(土)、3.5(土)

 

 

 

ミッラ・クンプライネン: 

1988年生まれ。フィンランドのタンペレ市に生まれ育つ。タンペレ大学大学院修士(専門は日本の社会史と教育史)。

在学中に東京の国際基督教大学 (ICU)の日本研究1年プログラムを修了。2015年に日本人男性と結婚し来日。

現在はフリーランスとして日本とフィンランドの文化交流の仕事で活動中。


 

第1回目     

家族の一年の流れ ―フィンランド人にとって日常の「当たり前」―

 

ゆったりしているような、でもしっかりしているような。そんなフィンランド人のイメージを構築する「要素」を日常の中から探ります。子供たちは日々どんなことをして過ごしているのでしょう。両親はどうやって自分の時間・二人の時間・家族との時間を分けているのでしょうか。フィンランドの一般的な家族を例に挙げ、日本との違いや共通点なども探してみます。

 

日時:2016年1月16日(土)13:30−15:30 会場13:15

 

場所:マトカトリ 東京都中央区東日本橋3-9-11From East Tokyo5F

定員:15名 話し手:ミッラ・クンプライネン

参加費:2500円(フィンランドの紅茶とお菓子付き)※当日現金にてお支払ください。

お申込みはこちらから:http://ptix.co/1OWKEVI

Photo: Hannu Holopainen
Photo: Hannu Holopainen

 

第2回目   

子育てと教育 ―子供たちに与える「サポート」と「チャレンジ」―

 

世界一とも言われている教育制度を持つフィンランドの人々は、どのような価値観や目標を持って新しい世代と向き合っているのでしょうか。

学校に通うのは何のため?子供たちにどのような大人になって欲しいと考えているのか、子育てと教育の分野から考えてみましょう。

 

日時:2016年1月30日(土)13:30−15:30 会場13:15

 

場所:マトカトリ 東京都中央区東日本橋3-9-11From East Tokyo5F

定員:15名 話し手:ミッラ・クンプライネン

参加費:2500円(フィンランドの紅茶とお菓子付き)※当日現金にてお支払ください。

お申込みはこちらから:http://ptix.co/21U4NTA

キャンセルの場合:1/28(木)までに必ずご連絡ください。1/29以降はキャンセル料をお支払頂きます。(前日キャンセルはセミナー料の50%、当日のキャンセル料はセミナー料の100%)


 

第3回目   

ワークライフバランス ―「仕事」と「人生」との向き合い方―

 

フィンランド人は仕事とプライベートのバランスをうまく取れているように見えますが、それはなぜでしょう。フィンランド人が自分の人生の中で優先するのは「仕事」?「家族」?それとも「趣味」? 「仕事」というテーマから、生き方と「人生」のバランスが取れる社会の仕組みについて考えましょう。

 

日時:2016年2月20日(土)13:30−15:30 会場13:15

 

場所:マトカトリ 東京都中央区東日本橋3-9-11From East Tokyo5F

定員:15名 話し手:ミッラ・クンプライネン

参加費:2500円(フィンランドの紅茶とお菓子付き)※当日現金にてお支払ください。

お申込みはこちらから:http://ptix.co/1SROO2k

キャンセルの場合:2/18(木)までに必ずご連絡ください。2/19以降はキャンセル料をお支払頂きます。(前日キャンセルはセミナー料の50%、当日のキャンセル料はセミナー料の100%)


 

第4回目

男女平等 ―フィンランド人の「ジェンダー」と「パーソナリティー」についての考え方―

 

フィンランドは世界のジェンダーギャップ指数で常にTOP3に入っているのをご存じですか?しかし実際にフィンランド社会では「性別」よりも「パーソナリティー」や「能力」を大事にされているのでしょうか。世界でいち早く男女平等問題について取り組んできたフィンランドから日本が学べることは何なのか。フィンランドの男女平等という価値観から多様性を受け入れるライフスタイルの「ルーツ」を探ります。

 

 

日時:2016年3月5日(土)13:30−15:30 会場13:15

 

場所:マトカトリ 東京都中央区東日本橋3-9-11From East Tokyo5F

定員:15名 話し手:ミッラ・クンプライネン

参加費:2500円(フィンランドの紅茶とお菓子付き)※当日現金にてお支払ください。

お申込みはこちらから:http://ptix.co/21U52hk

キャンセルの場合:3/3(木)までに必ずご連絡ください。3/4以降はキャンセル料をお支払頂きます。(前日キャンセルはセミナー料の50%、当日のキャンセル料はセミナー料の100%)

 

Photo: Juho Kuva
Photo: Juho Kuva